Welcome to my page!!
よさこい俵屋グループ2013


高知のよさこい祭、今年は猛暑の中の4日間でした。8月9日前夜祭は今年から受賞形式は廃止され、演舞は帯屋街と中央公園の2回となり、とても新鮮でよかったですねー。私としては、サウンド面で感覚を掴めぬままの地方車なのでだいぶドキドキしましたね。15年やってても1年ぶりの地方車の上はキンチョーしちゃう、逆に中央公園のステージの方が前日もリハしてるし落ち着けたね。賞がないので楽な気分で時々ビルの間から見える大きな花火も楽しむ余裕があったかな。

今年の俵屋グループは私にとっては今までやってきた中で指3本に入るくらい感動的で素晴らしいものやったと思う。踊り・衣装・音の良いバランスが涼しくス〜っと心に入って来てずっと温まっているようなそんなよさこいだった。でも、完璧じゃない何かがそこにあってそれってマイナスポイントではなく、人間として誰しもが共感できるような...うまく言えないんだけど、100%が出てしまうのは私的には全然良くないんだな(笑)。毎年関わっているとよさこいにも流行りってのはあるのがわかるし流されないものが必ずあることも実感する。高知のよさこいとして表現したいことってのは今現在の世の中の喜怒哀楽とすごくリンクしてるなと思う。

私個人はバッタバタの4日間だったのだ、まず最初の3日間は自分でオールスタイリングしたからね、何時間もかかってもーたし。実家と自宅を往復して(超近いけど)なんかもうワーーーーってなった。よさこい中は家族に世話を焼いてもらわないと相当ムリ(笑)ありがたや後夜祭はもう勢いだけで臨むが足ぱんぱん顔ぱんぱん。更に自宅で寝ぼけて転倒、ケガしてムダなパワーを使ってしまった(泣) 踊り子でもないのに数年前から日焼け止めやファンデーションの見直しは毎年のように必要になっちゅうし、待機中は陰に潜んだり喫茶店に逃亡したりして本気で体力温存を第一に考え始めた...こんな人一倍体力ナシの私あと何年よさこい続けられるのかしら。ま、今年が無事終わったからそれでヨシ!! 来年のことは来年考える、歌い手も結構大変なのよ、オホホ。(トホホ...)



music comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>